コンサルティング起業・経営・マーケティング

コンサルティングをビジネスに取り入れる際に気をつけたいたった一つのこと

起業することが、働く上での選択肢として当たり前になってます。

コロナの影響で経済環境が厳しくなることが予想されるので、一時期よりは起業も減るかなと思いましたが、だからこそ副業・複業をする人が増えてるみたいで、事業を行う人の総数は増えそうです。

 

すでに事業をやっている人も、既存の事業だけだとリスクが高いことに気づいて、新規事業に取り組む人が増えてますね。

成長のためというより、リスクの分散のための起業・新規事業がしばらくトレンドになりそうです。

 

 

起業、副業の選択肢の一つとして

コンサルビジネス

での起業・副業をおすすめしています。

 

コンサルタント専業でやってもいいですが

 

士業+コンサルティング
セラピスト+コンサルティング
セミナー講師+コンサルティング

 

というのは比較的多いですし

 

飲食店+コンサルティング
工務店+コンサルティング

 

など、いわゆる実業系での起業・副業でもコンサルティングは取り入れられます。

 

コンサルティングを取り入れたコンサルビジネスでの起業は、それまでの経験や知見を生かしてできるので、始めるハードルが低い。

資本も不要だし、粗利も一見高いので、オススメです。

 

ただ、コンサルビジネスで起業・副業・新規事業を始める際に気をつけたほうがいいことがあります。

 

動画でも解説しています。

↓こちら↓

 

コンサルティングを受けたい人はいない

コンサルタントとして活動を始めたり、コンサルティングをビジネスに取り入れたりする人のうち、けっこうな割合で

「コンサルティングを提供します」

とおっしゃいます。

 

サービスとしてコンサルティングを提供する、という意味で使ってらっしゃると思うんですが、残念ながらこれだとお客さんが増えることはありません。

 

 

ちょっと遠回りになりますが、士業・Web制作で考えてみます。

 

士業の場合、「なんらかの手続きを代行する」のがメインのサービスです。

税理士さんだったら、「確定申告をします」とかですかね。

 

これは、社会的に認知されてますし、結果もはっきりしているので、聞く側も商品・サービスとして認知してくれます。

なので、あとは価格とか納期の問題はありますが、一定お客様はつきます。

 

 

Web制作の場合は、「サイトを作ります」「ランディングページを作ります」といったら通用しますね。
結果も見通しやすい。同じく売れるでしょう。

価格とかデザイン性とかの問題はありますが。

 

ポイントは、「結果がイメージできる」こと。

 

お客さんが求めているのは、今の状況を解決して変化を得ること。

なので、変化をイメージできるのであればお金を払ってくれます。

 

変化がわかりやすかったり大きければ対価も大きくなり

変化がわかりにくかったり小さければ、対価も小さくなるわけですが

 

いずれにせよ、手続代行もWeb制作も変化のイメージはできるので、対価は払ってもらえます。

あとは、それをいかに大きくするかの問題です。

 

 

変化のイメージ

しかし、「コンサルティング」にはこの変化のイメージが致命的に欠けています。

聞く側からすれば、コンサルティングを提供してもらって、それで?となっちゃいます。

 

残念ながら、「コンサルティング」というのはあくまで手段であり、商品そのものではありません。

 

コンサルティングという手段で、どんな結果をもたらすのか。

 

それこそがお客さんが知りたいことです。

 

コンサルビジネスを取り入れるのであれば、自分はお客さんにどんな変化をもたらすことができるのか。

そこは言語化しておくことをオススメします。

 

 

終わりに

コンサルティングは、それまで培った知識や経験、ノウハウを基にできるビジネスなので、その道である程度の経験・知見を培ってきた方はぜひ取り組んでいただきたい分野です。

収益の柱を増やすこともできますし、自社の他の事業への導線としても使えます。

スクールビジネスとかもやりやすいですしね。

 

ただ、取り組むには単純にノウハウを披露すればいいというものではない。

お客さんが求めている変化が何で、それをどのような手順で提供するのかを明らかにしておかない限り、あなたにコンサルティングを依頼する人はいないでしょう。

 

コンサルティングをビジネスに取り入れる際には、ご留意くださいね。

 

↓ オンライン時代の集客のコツを動画で解説しています。ぜひ御覧くださいね↓

 

Leave a Response

大中 尚一
大中尚一 株式会社ジャスティス代表取締役 コンサルタント・プロデューサー 32歳のときに保険代理店として独立・起業するも、準備不足・勉強不足のため、思うように売上が伸びず、2年で廃業。マーケティングを学ぶ必要性を痛感し、大手保険代理店のマーケティング部門の責任者に就任、いくつかの事業を立ち上げ、売上アップに貢献する。 その後再度独立し、経営コンサルタントとして活動開始。 最初の数年は我流で事業を行い、顧客がなかなか増えず契約単価も上がらず、苦しい時期を過ごす。 なんとかしたいとさまざまな講座を受講し、独立系コンサルタントが業績を上げるために必要な基礎を体系づける。その結果、徐々に顧客が増え業績を向上させることに成功する。 その後自身が学んだことを同じく努力しているコンサルタントに還元し、成功するコンサルタントが増えるサポートをするため、コンサルタントサポート事業を開始。コンサルタントやコンサルティングをビジネスに取り入れたい士業・起業家などの業績アップに貢献している。