コンサルティング起業・経営・マーケティング

専門家として起業・副業を始める際に意識しておきたい3つのステージ

大中尚一です。

 

起業することが、働く上での選択肢として当たり前になってきました。

コロナの影響で、一時的には起業する人は減るかもしれません。
リスクありますからね。

 

ただ、収入の道を増やすためや、新規事業の一貫、つまりは複業として事業を始める人は逆に増えるんじゃないかなと。

 

収入・収益を一本に頼る怖さを、コロナショックは教えてくれました。

 

 

 

自分の経験や知見を生かして、その道の専門家として事業を始める。

これをプロフェッショナル起業と僕は言っていますが ※

 

 

プロフェッショナルとして事業を始める際に気をつけたほうがいいことがあります。

それは、プロフェッショナルには3つのステージがあるということ。

 

ここに気がつかないまま年数を重ねて

めちゃくちゃ頑張ってるのに、なんか突き抜けられない。

こんな人がわりといらっしゃいます。

 

なぜそうなるのか。

今日はそのへんのことを書いてみました。

 

※プロフェッショナル起業とは

 「専門的な知識やノウハウを活用し、専門家として仕事を請け負うスタイルでの起業」

 とでも思ってただければいいかなと思います。

 士業やコンサルタント、各種制作やフルコミ営業、クリニックや整体なんかが当てはまります。

 

 

足し算

 

プロフェッショナルとして独立して。

 

営業をして、仕事を頂いて

ある程度実績を積んで、売上が上がってきて。

 

そうなると次にするのが

「新しい武器を得る」

ために、学んだり、ノウハウを仕入れたり

商品メニューを増やすためにFCに加盟したり、儲かりそうな話に乗ったり。

 

あるいは交流会に出て、なんとか仕事や儲かりそうな情報を貰おうとしたり・・・

 

今の現状に、少しでも「足そう」「加えよう」と

たし算

に一生懸命頑張る。

 

プロフェッショナル起業の第一段階は

この「たし算」で

いつまでたってもこの段階に留まっている人がけっこういます。

 

この段階の人が考えているのは

「いかに自分が売上を上げるか、より多くを得るか」

つまり、視点はすべて“自分”というのが特徴です。

 

多くの人は、たし算の状態にとどまります。

 

また一部の人は、そのたし算がうまくて、すごく目立つというか活躍できたりします。

 

コンサルタントなら、いろいろと学んで武器を増やして

人脈も増えて

顧問契約が増えたり講座を始めたりして

売上も伸びるし、ステータスも上がったりします。

 

そしてそれに憧れて、他のコンサルタントがノウハウを学ぶ = たし算するために学びに来る

 

こんな状態ですね。

 

ちなみにそれが悪いのではなく

その状態でクライアントや周囲の方に十分貢献できます。

 

そして、それは素敵なことだと思います。

 

しかし一部の人は

そこから「ひき算」を始めます。

 

 

ひき算

 

「いろいろやれるようになった。学んだ。でも、自分の本質ってなんだろう?」

と考えちゃうんですね〜。

 

たし算でうまくいっている・いっていないに関わらず

いまの在りように違和感を抱き、自分の本質に目を向け始めたときに

この「ひき算」が始まります。

 

本当に自分がやりたいことは何か

何が最も人のためになるか

人が自分に求めているのは、本当は何なのか。

 

これを突き詰めて突き詰めて

引いて引いて

やがて

「あ、これ」

ということに行き当たります。

 

ここに行き当たっとき

これまでは「誰かの何かを学んで、何かを仕入れて」ビジネス(にかぎらずですが)をやっていたのが

自分の本質でビジネスをするようになります。

 

こうなると、けっこう幸せステージに突入です。

なんせ、借り物ではない、自分の本質で生きられるようになるので、いろいろ軽くなります。

 

ただ、「すごい」とか言われて目立つことはなくなりますが(笑)

 

この状態になると、視点が「他者」に向き始めます。

 

たし算状態のときは

誰かに貢献することを大事にしているつもりでも

どうしてもベクトルが自分に向いています。

 

しかし、このひき算を始めると

「他者に役立つのは、自分が持っている何なのか」

という視点・ベクトルに変わってきます。

 

 

かけ算

 

ひき算を突き詰めて、自分の本質に気がつくと、人生楽しくなります。

人にも求められるようになります。

 

いわゆる数字的・社会的な成果・成功とはイコールではありませんが

人生は軽やかになっていきます。

 

そして次に訪れるのが「かけ算」です。

 

かけ算とは、自分の本質を見極めた上で、これまでやってきたことを掛け合わせること。

 

これまでの棚卸しをして、自分がやってきたこと、できること、やりたいことを掛け合わせてみる。

 

そうすると、自分の役割が見えてきます。

 

この世に生を受けた意味は何なのか。

この世界に貢献するために自分がなすべきことは何なのか。

 

それが浮かび上がってきます。

 

それは、必ずしもわかりやすい成功を収めることとは同義ではなく

思ってもいないようなこと、地味なことかもしれません。

 

もしかしたら、自分がいままで培ってきた常識から離れなくてはいけなくて、葛藤も生まれるかもしれない。

 

ただ不思議なことに、覚悟を決めて進むと、いろんな応援・支援がやってきたりします。

なんとなく、道がひらけていく感覚。

 

そして、自分が生かされている意味を知りながら生きていくことができるようになります。

 

この状態になると、視点は「公」「全体」になっていきます。

 

 

誰の話を聴くか

プロフェッショナルとして事業をはじめて、いろんな人の話を聴くと思います。

 

自分よりうまくいっている人や成功しているように見える人から話を聞いて学んで。

すこしでも自分を成長させよう、成果を出そうと努力する。

 

その行為そのものはいいんですが、注意しないといけないのが

 

誰の話を聴くか

 

ということです。

 

 

 

自分が足し算の状態でまだまだ頑張らないといけないのに、掛け算の状態にいる人の話ばかり聞いて真似しようとしても、とてもじゃないがうまくいきません。

 

例えて言えば、掘っ立て小屋しか立たない広さの土地に、城を立てようとするようなもの。

うまく建つわけがない。

 

 

憧れたり、メンターと仰いで尊敬するのはいい。

むしろ、そういう存在はぜひ持ったほうがいいです。

 

しかし、自分の身の丈に合わないことを無理くり真似ようとしても、待っているのは「こんなはずじゃない」という焦りと嫉妬、そして努力のわりにでない成果。

時間と労力がもったいないです。

 

そうならないために、自分のステージを冷静に見極めていただければと思います。

 

 

まとめ

 

せっかくプロフェッショナルとして独立起業したのに

なかなか突き抜けられない

努力してるのに、違和感がある。

 

こんな状態になるのは、とてももったいない。

 

それを避けるためにも

いまの自分がどの段階にいるか

そしてそれでいいのか、を

突き詰めて考えてみてくださいね。

 

 

 

 

Leave a Response

大中 尚一
大中尚一 株式会社ジャスティス代表取締役 コンサルタント・プロデューサー 32歳のときに保険代理店として独立・起業するも、準備不足・勉強不足のため、思うように売上が伸びず、2年で廃業。マーケティングを学ぶ必要性を痛感し、大手保険代理店のマーケティング部門の責任者に就任、いくつかの事業を立ち上げ、売上アップに貢献する。 その後再度独立し、経営コンサルタントとして活動開始。 最初の数年は我流で事業を行い、顧客がなかなか増えず契約単価も上がらず、苦しい時期を過ごす。 なんとかしたいとさまざまな講座を受講し、独立系コンサルタントが業績を上げるために必要な基礎を体系づける。その結果、徐々に顧客が増え業績を向上させることに成功する。 その後自身が学んだことを同じく努力しているコンサルタントに還元し、成功するコンサルタントが増えるサポートをするため、コンサルタントサポート事業を開始。コンサルタントやコンサルティングをビジネスに取り入れたい士業・起業家などの業績アップに貢献している。