Webマーケティング・制作コンサルティング起業・経営・マーケティング

コンサルビジネスのWeb集客_SEO

大中尚一です。

 

士業やコンサルタント、セラピストやFPなどのいわゆるコンサルビジネスにとって、Webでの集客・マーケティングはこれから必須です。

 

Web集客にもいろいろありますが、今回はSEOについてご紹介します。

特に士業・セラピストや整体など、地域(ローカル)ビジネスの方にとっては、SEOを有効に使うと見込み客の確保が容易になります。

今回は、そのSEOのさわりをお伝えしてみたいと思います。

 

コンサルビジネスのSEO

インターネット登場以前、「AIDMA(アイドマ)の法則」というのがありました。

Attention(注意)→Interest(興味)→Desire(欲求)→Memoriy(記憶)→Action(行動。この場合購買)の頭文字を撮ってAIDMA。

チラシやテレビCM、FAXDMなんかはこの消費者の行動に沿って設計されてました。

 

それが、インターネットの登場によって変化しました。

Attention(注意)を惹かれ、Interest(興味)を持った消費者は

次に

Search(検索)

をするようになります。

検索して、事前に情報を調べる・比較するという行動が、消費者にとって当たり前になりました。

 

今はSNSの普及によって、購買行動に変化が起こってますが、いまだ検索がWebマーケティングにおいて重要な要素であることは変わりません。

特に士業や整体・セラピスト、あと飲食や美容室・歯医者などのローカルビジネスにおいて、検索して上位に出てくるかどうかは売上に直結します。

 

例えば、検索した結果、1位になったところと10位になったところでは、サイトに訪問してくれる人の数が15倍も違います。

当然、単純計算で言えば売上も15倍変わるわけで・・・

おろそかにしていい分野ではないのがわかります。

多くの方が活用している検索エンジンはGoogleなので、SEO対策=Google対策とも言えますね。

 

ただ、SEOはぶっちゃけ難しいイメージがあります。

一昔前は、とにかく被リンクを増やしましょうとか、とにかくキーワードを埋め込みましょうとか言われたりしてました。

そういう対策を指導するコンサルタントもいっぱいいました。

 

ただ、GoogleがこれらのテクニックによるSEO対策に対して、アルゴリズムをどんどんバージョンアップしていったので、以前通用していた小手先のテクニックでのSEO対策はもはや過去のものになっています。

 

Googleが求めているのは、今も昔もさほど変わりません。

それは

「ユーザーの役に立つサイトかどうか」

 

消費者・ユーザーの検索に対してマッチする、専門性の高い内容のサイトを上位に表示するというのがGoogleの基本姿勢です。

 

この流れは、士業やコンサルタント、セラピストなどのいわゆる専門家にとってはむしろいい流れ。

なにしろみなさん、自分の得意分野・専門分野を持っているはずですから、専門性の高い、ユーザーにとって役に立つ文章は絶対書ける。

 

キーワードがどうとかタイトルがどうとかももちろんありますが、大事なのは

ユーザーにとって役に立つか

この一点。

 

みずからの専門性を駆使して、見込み客が求める情報を提供することで、第一人者として認知されて問い合わせをいただける。

しかも、自分が動くことなしに。

 

となったら・・・

やらない理由はどこにもないと思いますが、どうでしょうか^^

 

 

Leave a Response

大中 尚一
大中尚一 株式会社ジャスティス代表取締役 コンサルタント・プロデューサー 32歳のときに保険代理店として独立・起業するも、準備不足・勉強不足のため、思うように売上が伸びず、2年で廃業。マーケティングを学ぶ必要性を痛感し、大手保険代理店のマーケティング部門の責任者に就任、いくつかの事業を立ち上げ、売上アップに貢献する。 その後再度独立し、経営コンサルタントとして活動開始。 最初の数年は我流で事業を行い、顧客がなかなか増えず契約単価も上がらず、苦しい時期を過ごす。 なんとかしたいとさまざまな講座を受講し、独立系コンサルタントが業績を上げるために必要な基礎を体系づける。その結果、徐々に顧客が増え業績を向上させることに成功する。 その後自身が学んだことを同じく努力しているコンサルタントに還元し、成功するコンサルタントが増えるサポートをするため、コンサルタントサポート事業を開始。コンサルタントやコンサルティングをビジネスに取り入れたい士業・起業家などの業績アップに貢献している。