起業家対談

ビジョンレポート 桂 裕 氏

起業家・事業家のビジョンをお伺いする

ビジョンリサーチ

レポート第3弾です。

 

 

今回は、“新米コンサルタントのコンサルタント”、桂 裕(かつら ゆたか)さんにお話をお伺いしました。

桂さんとは、ご本人が起業された年からの付き合いで、ちょいちょいお話は伺っていますが、あらためて現在のビジョンについてお伺いしてみました。

 

 

— 起業されてここまで、いかがでしたか?

 

振り返ってみれば、いろいろありました。

もともと転職で有利になるようにコーチングを学び始めたんですが、コーチングで自分と同じように苦しんでいる人の役に立ちたいと思ったのがきっかけで独立しました。

ただ、独立してからしばらくは、なかなかうまくいかなくて・・・

 

 

— 僕が存じ上げる限りで言えば、最近すごく調子がいいみたいですが。

 

ありがとうございます。

 

 

— うまくいくようになったきっかけはなにかありますか?

 

2018年だったかな。
自分のポジションが確立したのが大きかったですね。

それまでは他のコンサルタントと同じように、「年収1000万円を目指しましょう」みたいなメッセージを出してたんですが、なんか違うなと。

そうではなくて、まずは会社員時代の収入を、半分の時間で目指しましょうということを伝えるようにしました。

そうすると「それを言ってくれる人がいなかった」「1000万円、目指さないといけないと思っていた」と共感してくださる方が増えて。

他に同じようなことを言っている方がいないので、選んでいただけるようにになりましたね。

 

 

— 歯車が噛み合った。

 

そうだと思います。

 

 

— では、今後の展望やビジョンを教えていただけますか?

 

まずは、“起業一年目の方の最初のコンサルタント”として唯一無二の存在になりたいですね。
なので、その認知を広めていきたいと思っています。

 

あと、起業を諦める人を0にしたいですね。
起業したいと思っても、二の足踏んで諦める人が多いと思いますが、そういう人を応援していきたいと思っています。

 

 

— すばらしいですね。応援してます^^

 

ありがとうございます。

 

 

“新米コンサルタントのコンサルタント”として唯一無二のポジションを確立されている桂さん。

これからのご活躍もじっくり拝見したいと思います^^

 

桂さんのブログ・ホームページはこちら
https://empathy-labo.net/

 

 

Leave a Response

大中 尚一
大中尚一 株式会社ジャスティス代表取締役 コンサルタント・プロデューサー 32歳のときに保険代理店として独立・起業するも、準備不足・勉強不足のため、思うように売上が伸びず、2年で廃業。マーケティングを学ぶ必要性を痛感し、大手保険代理店のマーケティング部門の責任者に就任、いくつかの事業を立ち上げ、売上アップに貢献する。 その後再度独立し、経営コンサルタントとして活動開始。 最初の数年は我流で事業を行い、顧客がなかなか増えず契約単価も上がらず、苦しい時期を過ごす。 なんとかしたいとさまざまな講座を受講し、独立系コンサルタントが業績を上げるために必要な基礎を体系づける。その結果、徐々に顧客が増え業績を向上させることに成功する。 その後自身が学んだことを同じく努力しているコンサルタントに還元し、成功するコンサルタントが増えるサポートをするため、コンサルタントサポート事業を開始。コンサルタントやコンサルティングをビジネスに取り入れたい士業・起業家などの業績アップに貢献している。