起業家対談

ビジョンレポート 井上 保 氏

起業家・専門家のビジョンをお伺いする

『ビジョンレポート』

 

今回は、コンサルタントで、にほん営業科学株式会社 代表取締役

井上 保(いのうえ たもつ)さん

にお話をお伺いしました。

 

 

井上さんとは、士業・コンサルタントの勉強会である「チームNo.1」で出会い、プロスキーヤー・三浦雄一郎さんをお招きした講演会をともに主催・運営させていただいたりしています。

コンサルタントとして全国で活躍されている井上さんに、お話をお伺いしました。

 

— お会いしたときは、2万円のよくわからない商品売ってましたね(笑)

よくわからないって(苦笑)
フィードバックディスクという健康器具を売ってましたね。

 

— たしか、7年で・・・

7万個。14億円を売り上げました。

 

— あらためて聞くと、とんでもないですね。

ありがとうございます(笑)

佐川印刷に勤めていたのを、知人に誘われて転職して。そこで扱っていたのがフィードバックディスクでした。

最初の2年は全く売れず、3年目からようやく売れ始めて・・・
5年目以降ですね。一気に売れるようになったのが。

 

— なにかきっかけが?

一言でいうと、代理店づくりですね。

美容室さんを集めて物販の勉強会をして。

そのセミナー営業が功を奏して、一気に売れるようになりました。

 

— で、そのあと独立。

2015年に独立して、営業のコンサルティング・研修事業を始めました。

わりと順調だったんですが・・・

 

— ですが?

4期目になって、長く続いていたお客様が離れまして。
それも一度に5社。

 

— それは・・・厳しいですね。

はい。ピンチですよね(笑)

新規の見込み客づくりをやってなかったので、なかなかのピンチに陥りました。

 

しかも、人を雇う計画も進んでいて・・・
けっこう焦りましたね。

 

— どう乗り越えたんですか?

フィードバックディスクを売ったときのように、セミナー営業ですね。
自分の原点となる勝ちパターンを徹底しました。

結果、一年以内に10件以上の契約を受注できて、業績も回復しました。

 

— それはすごい。

ありがとうございます。
あのときは焦りましたが(苦笑)

 

— では今は順調ということだと思いますが・・・。今後の展望を教えていただけますか?

顧客の攻めのサポートである営業のコンサルティングと、守りのサポートである物流のコンサルティング・サービス提供を行っているんですが、そこをもっと強化していきます。

もともと佐川印刷にいたので、その際にやり残したことをやり遂げたいのと、社員の強みを活かすという意味で、物流事業に力を入れていきます。

 

— 具体的にはどんなことを?

物流に関する商品を販売します。
コスト軽減・生産性向上と社会的な問題解決とを同時に図れるもので、力入れてます。

数値目標としては、年商で1億。営業利益1500万円を目標としてます。
営業・経営・物流のコンサルティングと物流のサービス提供で、社会に貢献しながら業績を伸ばしたいと思っています。

 

— ありがとうございました。

 

営業マンとして、大きな成果を残した井上さん。
今はコンサルタントとして、全国で活躍されています。

物流にもインパクトを残そうと、野心的に活動されている井上さんとにほん営業科学株式会社さんのこれからのご活躍が楽しみです^^

 

にほん営業科学株式会社のホームページはこちら
https://www.ekagaku.com/

 

 

 

Leave a Response

大中 尚一
大中尚一 株式会社ジャスティス代表取締役 コンサルタント・プロデューサー 32歳のときに保険代理店として独立・起業するも、準備不足・勉強不足のため、思うように売上が伸びず、2年で廃業。マーケティングを学ぶ必要性を痛感し、大手保険代理店のマーケティング部門の責任者に就任、いくつかの事業を立ち上げ、売上アップに貢献する。 その後再度独立し、経営コンサルタントとして活動開始。 最初の数年は我流で事業を行い、顧客がなかなか増えず契約単価も上がらず、苦しい時期を過ごす。 なんとかしたいとさまざまな講座を受講し、独立系コンサルタントが業績を上げるために必要な基礎を体系づける。その結果、徐々に顧客が増え業績を向上させることに成功する。 その後自身が学んだことを同じく努力しているコンサルタントに還元し、成功するコンサルタントが増えるサポートをするため、コンサルタントサポート事業を開始。コンサルタントやコンサルティングをビジネスに取り入れたい士業・起業家などの業績アップに貢献している。