Webマーケティング・制作

LPをスマホ最適化するためのチェックポイント6選

こんにちは。

ジャスティスのWEB制作担当の戸田です。

 

LPを制作する際にPCとスマホでは、

気をつけるべきポイントが異なります。

 

それは、画面サイズ、デバイスの操作性、

ユーザーの属性・意識の違いなどがあるためです。

 

そこで、今回は、LPをスマホ最適化する

ためのチェックポイントを紹介します。

スマホ用ファーストビューに必要な2つの要素

LPに訪問するユーザーは、

「さあ読むぞ」と思いながら、

ページを開くわけではありません。

 

読むべきページかどうか判断しようと

見に来ている場合がほとんどです。

 

そして、ユーザーは、

基本的に以下の2つのポイントを見て、

自分の求めている情報があるかどうか

を瞬時に判断しています。

 

【Point】

1.ユーザーが一目見ただけで分かる

 好みの雰囲気 (写真・フォント・カラーなど)

2.ユーザーが目的を見つけやすいような

 簡潔でインパクトのあるコピー

 

スマホ用レイアウトのLPを作る時は、

これらの要素がファーストビューに

うまく収まるようにデザインする必要が

あります。

 

文字量を減らし、情報の境目がわかるように工夫する

スマホの表示面積は狭いので、

あれもこれも伝えようとすると

ごちゃごちゃしてしまいます。

 

ですので、

なるべく文字量を減らし、

情報の境目がわかるように

メリハリをつけるようにしてください。

 

デザインする際は、

以下の2つのポイントを押さえておけば、

ユーザーが今、何の情報を見ているのか

混乱することを避けることができます。

 

【Point】

1.見出しのフォント、色、大きさ

2.背景色・背景画像を分ける

 

共感部分・解決策の提示・商品説明・メリット

など、今、何の説明をしているのかが

明確に分かるように工夫しましょう。

 

クリックされやすいボタンにする
大きく、立体的に押したくなるボタンにする

ボタンはできるだけ大きく立体的にし、

周囲の色と対照的な色を使い、

目立たせるようにします。

 

ボタン上の文言をクリックされやすいように工夫する

ボタン上の文言は、

「送信する」「申し込む」といった

単純なものよりも、具体的な内容にした方が

成約率は上がります。

・特別セミナー&説明会に今すぐ参加する

・メールアドレスを登録して、動画を見る

 

画面の下に固定でボタンを表示させる

ユーザーが申し込みたい時、

すぐにボタンを押せるよう、

画面の下に固定で常にボタンを表示しておく

ことも場合によっては有効です。

 

電話のタップボタンを設置する

特に電話での問い合わせが多い業種に

関しては、電話のタップボタンは必須です。

 

【Point】

1.電話用のボタンを、電話がかけられる「ボタン」として認識させる

2.ボタン上に「電話をかける」など、行動を促す文言を入れる

 

入力フォームは、項目を必要最小限にする

ユーザーにとって、スマホで入力する作業は

面倒で負担が大きいため、項目は必要最小限に

しましょう。

 

更に、入力内容に間違いがある時は、

エラー表示が出るように設定します。

 

また、各項目の入力についても、

ラジオボタンやプルダウンメニューを

利用して、できるだけ手で入力しなくても

済むようにすることをお勧めします。

 

オファーの設置場所に気を配る
無料オプトイン

無料オプトインは、

メルマガ読者を集めるためのLPで

オファー内容は

・登録してくれた方に無料動画プレゼント

などです。

 

無料オプトインのオファーは、

ファーストビューか、その近くに

目立つように設置し、最後にも設置します。

 

無料なのでとにかく目立つようにして、

登録率を上げることが目的になります。

 

有料商品

有料商品を販売するLPは、

最後の方か、商品説明文の下に

オファー(期間限定の割引きなど)

を設置します。

 

初めの方に出すと売り込み感が強くなるので、

注意が必要です。

 

有料商品販売のLPは原則として、

ファーストビューで興味を引いた後に、

価値提供をし、ユーザーが欲しいと思うまで、

オファーを提示してはいけません。

 

ただし、既にメルマガなどを通じて

価値提供ができている(=関係性ができている)

顧客に向けたLPであれば、

オファーを全面に打ち出した方が

有効な場合もあります。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

スマホは、PCよりも提供できる情報が

限られているため、掲載する情報を

取捨選択することが重要になります。

 

直感的に理解できる

図解やイラストなども威力を発揮するので、

積極的に活用するといいでしょう。

 

LPは今回ご紹介したような

細かい部分に気を配るかどうかで、

結果も大きく違ってきます。

 

ユーザーの気持ちに寄り添い、

ユーザーに納得してもらい、

迷いなく行動してもらうためには

何が必要かを常に考えながら

LP作成に取り組んでみてください。

 

参考になれば幸いです。

 

弊社のLP制作サービスはこちらをご覧ください。

メルマガのご登録はこちら

Leave a Response

戸田 雄貴
2017年にWEB制作・管理担当として株式会社ジャスティスに入社。社内・社外を問わず数多くの制作案件をこなし、集客に直接的な効果を生むWEBデザイン制作の経験を積む。 これまで携わった制作案件は、士業・コンサルタントや治療家の公式ホームページ・ランディングページ・会員サイトの他に、ECサイト、求人募集サイト、外国人向けのポータルサイト等、多岐に渡る。 クライアントの中には、日本一の実績を出しゴールデンタイムのテレビで紹介される専門家もおり、WEBを活用して影響力を発揮するためのサポートを行っている。 また制作管理以外にも、WEBマーケティングを中心にメルマガやコラムなどの原稿を執筆している。