Webマーケティング・制作

LPに漫画を取り入れるメリットと注意点

こんにちは。

ジャスティスのWEB制作担当の戸田です。

 

ここ数年、漫画を活用したLPを

よく見かけるようになりました。

 

文章メインのLPにおける一番の障壁は

「読んでもらえない」ということです。

 

LPの文章を読んでもらうためには、

コピーライティングやマーケティングなどの

知識が必要になります。

 

ですが、そういったものを活用して

競合LPと差別化を図るのは、

中々ハードルが高いと感じる方も多いです。

 

そのため最近では、

文章よりも簡単に視覚に訴えることができる

漫画を導入したLPが増えつつあります。

 

視覚的に伝えられる点は写真と同じですが、

漫画を活用する一番のメリットは

ストーリーで読み手を惹き込める点です。

 

文章だけのLPでは物足りない、

もっと分かりやすくインパクトのあるLPが

欲しいとお考えの方も多いと思います。

 

そこで、今回はLPに漫画を取り入れる上で

知っておかなければならないポイントに

ついて解説していきます。

 

LPに漫画を取り入れるメリットについて

まず大前提として、

「人は広告を読みたいと思って読むのではない」

ということは、お分かりいただけると思います。

 

売る側は広告費を払って

広告を読んでもらおうとしますが、

基本的に大半の人は読んでくれません。

 

ですので、通常のLPを作る時は、

読んでもらうためにはどうすればいいか

ということを常に考えます。

 

一方、漫画などのコンテンツであれば、

広告だから読まれないというハードルを

一気に下げることが可能です。

 

広告ということを意識されずに、

関心をひきつける手段として

漫画は最適なツールといえます。

 

また、漫画はストーリーによって

売り手と買い手の間にある壁を取り払うこと

もできます。

 

対面セールスをイメージすると

分かりやすいのですが、

 

ファーストビューから売り込み感満載のLP

だと、見た瞬間に読む気がなくなりますよね。

 

売り手と買い手という図式になった瞬間から、

買い手は警戒心を持ち、注意深くなってしまい

ます。

 

ですが、

漫画のストーリーに惹き込ませれば、

その図式が崩れ、読み手の懐疑心を

減らすことができます。

 

結果として、あなたの提案を素直に受け入れて

くれやすくなるのです。

 

LPに掲載する漫画に取り入れるべき要素
見込み客が抱えている問題や悩み

漫画の最大のメリットは、

文章や写真だけでは伝えるのが難しいことを

視覚的に伝えることができる点です。

 

LPに漫画を掲載する際は、

あなたの見込み客が悩んでいることや

抱えている問題をリアルに描写してください。

 

漫画の内容が

見込み客の置かれている状況に近いほど

共感を持ってもらえるはずです。

 

そのためには、リサーチをして、

ターゲットとなる見込み客を理解することが

非常に重要です。

 

購入後のBefore-After

悩んでいる見込み客が

あなたの商品・サービスの

・どのような点に価値を感じて購入したのか?

・購入後にどのような結果を得られたのか?

といったことも、ストーリーにできます。

 

漫画でBefore-Afterを見せることで、

自然と商品・サービスの特徴や

ベネフィット・価値などを伝えることができます。

 

ただし、Before-Afterの漫画表現は、

大げさになりがちなので、誇大広告にならない

ように十分注意しましょう。

 

お客様の心境の変化

・見込み客が抱えている問題や悩み

・購入後のBefore-After

を漫画にする上でポイントになるのが、

購入前後でのお客様の心境の変化を

しっかり盛り込むことです。

 

文章のみで心理描写をすると、

文章量が多くなり、読んでもらうハードルも

高くなってしまいますよね。

 

あなたの商品・サービスを購入して

効果を実感してくれた顧客の心境を

視覚的に伝えれば、読み手にもすんなりと

受け入れてもらえます。

 

LP全体に占める漫画の割合については、

・ファーストビューのみ漫画にする

・始まりから終わりまで全て漫画にする

・漫画と文章の説明を交互に入れる

など、いろんなパターンがあります。

 

どのパターンが良いかは、

通常のLPと同じように

テストしてみなければ分かりません。

 

ですので、いろいろ試しながら

最適なものにしていくといいでしょう。

 

漫画掲載のLPを作る方法

最近では、漫画LPに特化した制作会社も

増えてきています。

 

漫画にしたい内容を伝えて

その部分のみを作ってくれる会社から、

漫画含めた全体のLPを作ってくる会社まで

様々です。

 

中には企画からデザイン、制作、テスト・

改善まで全てをカバーしている会社もあります。

 

また、ランサーズやクラウドワークス

などでLP向けの漫画を作成してくれる

業者に依頼する方法もあります。

 

漫画で訴求したいポイントが

明確になっているのであれば、

LP用の漫画作成を受注してくれる人に

コンセプトを渡せば漫画として

仕上げてくれることでしょう。

 

注意点として、以前も述べましたが、

個人の場合はスキルの差が大きいことや、

途中で仕事を放棄されるといったリスクが

あるため、その点は考慮に入れてください。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

漫画には読み手のハードルを下げる効果が

あり、より多くの人にLPを見てもらえる

可能性が高くなります。

 

文章や写真のみでは伝えることが

難しいことも漫画であれば伝えやすくなる

といったメリットを理解していただけたの

ではないかと思います。

 

参考になれば幸いです。

 

メルマガも発行しています。

ぜひご登録くださいね^^

https://jibunnbusiness.com/lp/lp-online/

Leave a Response

戸田 雄貴
2017年にWEB制作・管理担当として株式会社ジャスティスに入社。社内・社外を問わず数多くの制作案件をこなし、集客に直接的な効果を生むWEBデザイン制作の経験を積む。 これまで携わった制作案件は、士業・コンサルタントや治療家の公式ホームページ・ランディングページ・会員サイトの他に、ECサイト、求人募集サイト、外国人向けのポータルサイト等、多岐に渡る。 クライアントの中には、日本一の実績を出しゴールデンタイムのテレビで紹介される専門家もおり、WEBを活用して影響力を発揮するためのサポートを行っている。 また制作管理以外にも、WEBマーケティングを中心にメルマガやコラムなどの原稿を執筆している。