Webマーケティング・制作

オウンドメディア記事の書き方 基本ポイント7つ

こんにちは。

ジャスティスのWEB制作担当の戸田です。

 

「SNSで情報発信しているけど、あまり集客効果を感じない」

「広告の反応が低下している」

といった状況を改善するために、

オウンドメディア(自社所有のメディア)

の運用を始める企業が近年増えています。

 

オウンドメディアは一般的に

企業が運営するブログのことを指しますが、

オウンドメディアを運営する上で

キーになるのが、記事の書き方です。

 

検索エンジン経由で

オウンドメディア集客を成功させようと、

頑張って記事を更新している方は多いと

思います。

 

ただ、折角こまめに記事を書いているのに

大事なポイントを外しているせいで

徒労に終わっているケースも見受けられます。

 

そこで、今回のコラムでは、

オウンドメディアの記事を書く際に

押さえておかなければならない

基本ポイントを7つご紹介します。

 

記事の書き方ひとつで、

SEO対策にも影響が出てきます。

 

既にオウンドメディアを運用されている方も、

これから始める方も、

是非参考にして頂ければ幸いです。

 

それでは、さっそく、

7個のポイントについて解説していきます。

 

メインキーワードを決める

まずは、記事を書く前に、

狙うキーワード(上位表示させたいキーワード)

を決めましょう。

 

多くの場合、見込み客は、

検索エンジンで検索して

オウンドメディアにやってきます。

 

見込み客がよく検索するキーワードを

リサーチしてから記事を書き始めなければ、

そもそもその情報を知りたい人がいなかった

ということにもなりかねません。

 

よく検索されているキーワードを見つける

には、Googleキーワードプランナーという

ツールがお勧めです。

 

https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/

 

なお、1つのブログ記事で狙うキーワードは、

基本的に一つだけにしてください。

 

多くのキーワードを狙っても、曖昧な内容に

なってしまい、SEO対策上マイナスになるためです。

 

また、キーワードを一つに絞ることで、

テーマが絞られるので、分かりやすく、

読みやすい記事になります。

 

記事タイトルにキーワードを入れる

狙うキーワードを決めたら、

そのキーワードをタイトルに入れましょう。

 

タイトルにキーワードを含めることで

この記事には、このキーワードに関係する

ことが書かれているということを

検索エンジンに伝えます。

 

また、タイトルは検索結果に表示されるので、

お客様にとっても自分が検索したキーワード

に関係する文章が書かれていると感じてもら

うことで、クリックされやすくなります。

 

記事本文にキーワードをちりばめる

検索エンジンは記事本文も見ているので、

本文にも狙うキーワードを入れましょう。

 

記事を書く時の注意点として、

SEOを意識してキーワードを入れすぎない

ように気をつけてください。

 

意識し過ぎると、人間が読むと分かり

づらい、不自然な文章になってしまいます。

 

そのキーワードに関連する文章を書いていれ

ば、意識しなくても自然とキーワードは入る

ようになるはずです。

 

最終的に、文章を読むのは検索ユーザー

(見込み客)なので、自然な文章を心がけましょう。

 

共起語を入れる

共起語とは、

「ある単語と、よく一緒に使われる単語」

のことです。

 

例えば、「料理」の共起語としては、

「レシピ」「材料」「教室」など

が挙げられます。

 

また、例えば「税理士」の共起語としては、

「節税」「相続税対策」「決算書」などが

挙げられます。

 

共起語が多いということは、

よりその単語について詳しく書かれている

文章である、ということです。

 

文章の中に、キーワードに関連する共起語が

含まれていると、検索エンジンに

そのキーワードについて詳しく書かれている

記事だと判断してもらいやすくなります。

 

検索ユーザーの悩みを解決する内容にする

検索エンジンは、

“検索ユーザーにとって役立つ情報の

検索順位を上げる”

という仕組みになっています。

 

例えばコンサルタントの方であれば、

お客様のほとんどは

何らかの悩み・問題・解決したいことを抱えている人

です。

 

ですので、検索エンジンとしては、

その方の悩みを解決できるコンテンツを

上位表示させようとします。

 

オウンドメディアが

検索ユーザーの悩みを解決するコンテンツを

含んでいるかどうかは、非常に重要です。

 

また、検索ユーザー(見込み客)にとっても、

悩みの解決のヒントになる記事であれば、

「これは役立つ情報だ。この人(会社)なら信頼できそうだ」

と感じてもらえ、メルマガ登録やお問い合わせ

も増えやすくなります。

 

分かりやすく、読みやすい文章を心がける

記事を読んでもらうためには、

「分かりやすいこと」が重要です。

 

読者は、文章を読んでいて、

3つ以上分からない単語が出てくると、

読むのを面倒だと感じてしまいます。

 

記事を書く際は、

以下の3点に気をつけてください。

 

1.長文でズラズラ書かずに短文で区切る

2.専門用語には注釈をつける

3.検索ユーザーが見慣れない表現は使わない

 

また、見出しを使ったり、色分けしたりして、

読みやすい文章にすることを心掛けてください。

 

見出しは、記事の目次の役割を果たすので、

適切に使うことで、検索ユーザーだけでなく、

検索エンジンの文章の理解も助けてくれます。

 

記事内容とタイトルをマッチさせる

記事の内容とタイトルがマッチしているか

どうかも重要です。

 

いくら魅力的なタイトルをつけても、

記事内容と合っていなければ、

検索エンジン・検索ユーザーからの

評価は低くなってしまいます。

 

魅力的なタイトルを付けることも重要ですが、

内容もそれに合うものにしなければなりません。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

ここまでお読みになられた方は

お分かりだと思いますが、

検索ユーザーも、検索エンジンも、

どちらも「役立つ情報」を高く評価します。

 

常にお客様目線で、

・お客様は、どんな悩みを解決したいのだろうか?

・お客様は、どんな情報を知りたいと思っているのだろうか?

・お客様にとって「分かりやすい」文章にするには、どうすればいいか?

 

を考えて、ページを増やし、情報を提供する

ことを心がけてください。

 

検索エンジンにとっても、検索ユーザーに

とっても親切なオウンドメディアであれば、

自ずと検索順位は上がっていくので、

ぜひ今日ご紹介したポイントを意識して頂ければ幸いです。

 

 

↓ オンライン時代の集客のコツを動画で解説しています。ぜひ御覧くださいね↓

 

Leave a Response

戸田 雄貴
2017年にWEB制作・管理担当として株式会社ジャスティスに入社。社内・社外を問わず数多くの制作案件をこなし、集客に直接的な効果を生むWEBデザイン制作の経験を積む。 これまで携わった制作案件は、士業・コンサルタントや治療家の公式ホームページ・ランディングページ・会員サイトの他に、ECサイト、求人募集サイト、外国人向けのポータルサイト等、多岐に渡る。 クライアントの中には、日本一の実績を出しゴールデンタイムのテレビで紹介される専門家もおり、WEBを活用して影響力を発揮するためのサポートを行っている。 また制作管理以外にも、WEBマーケティングを中心にメルマガやコラムなどの原稿を執筆している。