Webマーケティング・制作

WEB集客の6つの手法とポイント

こんにちは。ジャスティスの戸田です。

このコラムでは、
士業・講師・コーチ・コンサルタントなど、
主にコンサルティング型ビジネス
をされている方が知っておくべき
WEB集客の基本をお伝えしていきます。

WEB集客には、SEOをはじめ、リスティング
広告、SNS(Facebook、Twitter等)など、
いろいろな方法があります。

「何をどう使えばいいんだろう?」
とお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回のコラムでは、代表的な6個の
WEB集客法をご紹介します。

1.SEO(検索エンジン最適化)

SEO(検索エンジン最適化)は、
「検索順位を上げる技術」のことを指します。

お客様が検索しているということは、
「需要がある」ことになるので、
検索順位を上げてHPを目立たせることは
とても重要なポイントになります。

SEOのメリットは、
「コストが比較的安くすむ」
ということです。

逆にSEOのデメリットは、
「効果が出るまでに時間がかかる」
ということです。

2.SNS

FacebookやTwitterなどのSNSを
お使いの方も多くいらっしゃると思います。

Facebookは、
告知や宣伝が簡単に行えることや
1対1のコミュニケーションができる点が魅力です。

セミナーを開催して参加者全員で写真を
撮って「タグ付け」して広める、
なども一つの方法です。

一方、Twitterは少ない文字数のつぶやきを発信できるツールです。

一度に伝えられる情報が少ないので、
ホームページやブログなどへリンクして、
詳細はリンク先で書いておくのがおすすめです。

SNSのメリットは、
サイトや記事が話題になれば、
そこから口コミのように広がり
無料でアクセスが集まるという点です。

逆に、SNSのデメリットは、
信頼関係を構築した上でセールスすれば
商品が売れますが、関係をつくらずに
商品を売ってもほとんど売れない点です。

3.リスティング広告

リスティング広告は、
検索結果の画面に広告を出す
方法のことを指します。

SEOと同様、
検索してくる=需要を感じているお客様を
対象にしているため、集客力は高いです。

リスティング広告のメリットとしては、
即効性があり、ユーザーの購入意欲が高い
ことが挙げられます。

逆にリスティング広告のデメリットは、
コストが高くなりやすいということです。

4.ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、
サイトやブログなどの広告エリアに
表示される画像もしくはテキストの広告です。

リスティング広告と異なるのは、
検索エンジンでの検索結果ではなく
閲覧中のページに表示される点です。

ディスプレイ広告のメリットは、
性別や年齢、地域、特定の興味があるユーザー
など様々な条件で広告を配信できることです。

逆にディスプレイ広告のデメリットは、
リスティング広告と比べるとユーザーの
商品理解や購入意欲が低いということです。

5.Facebook広告

Facebook広告は、
Facebookのタイムラインに表示される広告です。

Facebookユーザーであれば、
誰でもFacebook広告を配信できます。

主にFacebookで作成したイベントや、
ランディングページに対して広告を掲載します。

Facebookは実名登録のSNSですので、
個人に関する詳細かつ膨大なデータベース
が蓄積されています。

その質の高いデータベースを利用して、
ターゲットを詳細に絞り込んで広告が出稿
できるのがメリットです。

一方、デメリットとしては、
Facebookに登録しているユーザーにしか
配信されないということです。

幅広い年齢が見るリスティング広告に比べて、
Facebook広告はある程度制限がある中での
広告になります。

6.メールマガジン

メールマガジンは、あなたの方から
お客様にダイレクトにメッセージを届ける
ことができる「プッシュ型」の手法です。

あなたに興味のあるお客様にメルマガ登録を
してもらい、継続的にメールマガジンを届ける
ことで、信頼感や専門性をアピールできます。

メルマガ登録をしてもらうには、
登録のためのページと、メルマガ登録フォーム
が必要になります。

またお客様も、メリットを感じないと登録して
くれないので、役立つレポートなどを登録特典
として用意するといいでしょう。

ここまで、6個のWEB集客法をお伝えしてきました。

当たり前ですが、どの方法にもメリット・
デメリットがあります。

それぞれの特徴を把握した上で使っていく
ことが大事で、何でもかんでも使えばいい
わけではありません。

WEB集客をこれから始める方に
お勧めなのは「SEO」「リスティング広告」
です。

ホームページ・ランディングページを用意して、
検索してくるお客様をSEO・リスティング
広告で集客するという流れです。

SEO・リスティング広告がなぜ効果的なのかと
いうと、「検索する=ユーザーが既に需要を
感じている」からです。

需要を感じているお客様は、
サービスを必要としています。

そのお客様にサービスを届けてあげることが
一番効果的ですし、お客様にも喜ばれます。

あなたもぜひ、「SEO」「リスティング広告」
でWEB集客を成功させてください。

参考になれば幸いです。

Leave a Response

戸田 雄貴
2017年にWEB制作・管理担当として株式会社ジャスティスに入社。社内・社外を問わず数多くの制作案件をこなし、集客に直接的な効果を生むWEBデザイン制作の経験を積む。 これまで携わった制作案件は、士業・コンサルタントや治療家の公式ホームページ・ランディングページ・会員サイトの他に、ECサイト、求人募集サイト、外国人向けのポータルサイト等、多岐に渡る。 クライアントの中には、日本一の実績を出しゴールデンタイムのテレビで紹介される専門家もおり、WEBを活用して影響力を発揮するためのサポートを行っている。 また制作管理以外にも、WEBマーケティングを中心にメルマガやコラムなどの原稿を執筆している。